ふるさと納税 仕組み

ふるさと納税の仕組みって、
そもそもどうなっているのでしょう?

簡単に言えば、任意の市町村に
寄付をすることによって、
所得税や住民税が安くなる
仕組みのことを言います。

ただ、上限なくいくらでも
というわけではなく?

年収に応じて限度額というのが
決まっています。

また、自己負担額は2,000円かかります。

逆に言えば、
実質2,000円の負担で
いろいろな自治体から
いろいろな返礼品をもらえる
という制度がふるさと納税
ということになります。

イメージはこんな感じ。

あと、注意点というか誤解しがち
なのが?

ふるさと納税したらその分
お金が戻ってくるんでしょ?
っていうもの。

所得税と住民税が控除される
ということは、所得税は還付
(=戻ってくる)
んです。

が、住民税の場合は?
安くなる(=戻ってはこないw)
ということになります。

また、限度額ギリギリまでふるさと納税
すれば住民税の支払いはゼロに
なるのかな?

なんて甘い期待をしていたのですが、
そんなに甘い話ではありませんでした(笑)

控除の流れを図解すると?
こんな感じ。

あ、ちなみに年収に応じて上限というか
限度額が決まっていますが、
その額を簡単に知る方法、あります。

↓こちら↓

まずは自身の限度額を知らないと?
話が始まりませんからね(;^_^A

ブログランキングやってます|・ω・) ソー
応援クリックいただけると?
↓もっと書きますw↓


ふるさと納税ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ