個人年金ふるさと納税

個人年金。
節税目的で加入している人も
多い年金ですよね。

で、個人年金をいろいろ調べている
ブログを見つけて、読んでいたんです。

が、結局その方は?

個人年金をこう結論づけていました。
結局たいして節税にならない

利息も悪い


加入やめたw

ということは、個人年金に
加入するぐらいなら?

その分をふるさと納税にまわして、
限度額ギリギリまで寄付を
したほうが節税という意味では?

無駄がないということが
言えるかもしれません。

まあ、もちろん?
両方やってもいいと思いますが、
魅力的な個人年金の商品が
出ればって条件つきですね~。

ちなみに控除される寄付額の
限度額は?

ふるさと納税サイトの
「さとふる」
で簡単に分かりますよ(ゝω・)

ふるさと納税 さとふる

個人年金を受け取っている場合

すでに個人年金を受け取っている場合、
(受給している場合)はどうなるのでしょう?

個人年金はあくまで個人年金ですから、
公的な年金とは意味合いが変わってきます。

ただ、個人年金は公的年金と同様に所得税、
住民税の計算上は雑所得として扱われます。

そして、個人年金にかかる雑所得の計算方法は?

個人年金の収入金額ー個人年金の必要経費

という計算式になります。

※必要経費とは?
今まで納めた生命保険料の一部です。

ちなみに。
個人年金の収入だけという人は
そうそういないはずなので、
限度額の計算をするとなると?

ちょっと面倒になってきます。

そこで!

おすすめなのがふるさとチョイス。

正確な限度額を知りたい場合は?
お近くの税理士やお住まいの自治体にお尋ねください。
と記載がありますが、
もうちょっと掘り下げてみましょう。

https://www.furusato-tax.jp/example.html

ふるさとチョイスを監修している
税理士法人エム・エム・アイに
電話相談することが可能です(/・ω・)/

もしくは?
知り合いの税理士さんなり、
最寄りの税務署で聞くというのも手ですね。

私は?
確定申告や記帳代行をお願いしている
税理士さんに確認して、限度額を
把握しています。

だって、自分で計算するのは?
面倒だしw

間違っていたら嫌ですからね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ