ふるさと納税 住民税

ふるさと納税をすることで?

税金が控除されることは
理解しているけど、具体的に
所得税なのか?
住民税なのか?

どっちが控除されるんだっけ??
って、なっていませんか?

それ、私です(笑)

というわけで。
ふるさと納税をすることで
どの税金が控除されるのか、
チェックしていきましょう(/・ω・)/

ふるさと納税をした場合、
翌年に確定申告をするのか?

ワンストップ申請書で済ませるのか?
によっても控除される内容は
変わってきます。

ので、我が家のように、
夫(わたしw)=確定申告
嫁=ワンストップ申請

の場合、どう違うのかを見ていきましょう。

まず私のように、ふるさと納税後、
確定申告をする場合。

例えば、年収600万円の人が
ふるさと納税で77,000円を
平成28年中に寄付した場合、
目安として計算すると?

所得税が7,600円還付されます。
で、住民税が?
67,300円減ります。

つまり、
7,600円+67,300円=74,900円の
控除になるということです。

で、嫁の場合。
もし同じ年収600円でも、
ワンストップ申請書を使ってやると?

全額住民税が控除される(安くなる)
ということになります。

つまり、74,900円分住民税が
控除されるということですね。

で、本当にふるさと納税をして
住民税が控除されているのか?

を確認するためには?
毎年6月頃に働いている会社からもらう
「住民税決定通知書」
をチェックしましょう。

そこの
市民税

県民税(都民税)

の税額控除額
っていう項目があるので、
そこに記載されていればOKです。

ちなみに私の場合、
ちゃんと反映されていたのか?

見てみましたが、確かに載っていましたw
(ひと安心w)

でも、誤解というかそんな
うまい話はないよねって思ったのですが、
てっきり私は?

限度額ギリギリまでふるさと納税をすることで
住民税が全額控除されるのかと
思っていました。

が、もしそれをしてしまうと?
東京23区や横浜市や川崎市など、
都心部の税収はヤバいことになりますから、
制度として上限が決まっている
のかもしれませんね。

そのへんのことをもうちょっと
掘り下げてみようと思った?

今日この頃ですw

ブログランキング始めました♪
応援クリックいただけると?
↓もっと書きますw↓


ふるさと納税ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ