ふるさと納税ワンストップ デメリット

ふるさと納税で、確定申告をしないで済む
方法として人気のワンストップ特例。

私の嫁も利用していました|ω・)

が、ワンストップ特例も万全ではない
というか、万能ではないというか。

では、どんなデメリットがあるのでしょう?

それはやはり、

ワンストップ特例ができるのは
5自治体以内の場合
ということ。

金額ではなく、自治体数なんですね。

なので、例えば5つの自治体に
10万円寄付した場合は
ワンストップ特例でできます。

が、10の自治体に5,000円ずつ、
合計で5万円の寄付をした場合は?

ワンストップ特例の対象外になるので、
確定申告をする必要があります。

ので、私のようにいろいろな自治体に
少額ずつ寄付する場合は?(笑)

ワンストップではなく、確定申告を
しなければなりません。

「確定申告かあ~。やったことないし、
なんか面倒くさそうやなあ。。」

なんて思っていませんか?
分かりますよ~その気持ち(笑)

確定申告は面倒くさいけど、
自己負担が2,000円で済むふるさと納税を
しない理由もない!

では、面倒くさそうな確定申告を
簡単にするには?

コチラ。

ふるさと納税サイトのさとふるでは?

ワンストップ特例の申請はもちろん
できるんですが、それだけでなく?

確定申告のサポートもしてくれるという
手厚さ!

これでワンストップのデメリットも
相殺できますね♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ