ふるさと納税 計算

ふるさと納税でまずやるべきことは?

自身の年収における限度額はいくらなのか?
(超えてしまうとただの寄付になって
しまいますからね。。)

計算することが第一歩。

でも。

一から計算するのはさすがに面倒ですよね?

というわけで、給与収入のみを考えれば
いい場合は、さとふるのシミュレーションが
簡単、便利です。


ただ、さとふるのシミュレーションも
あらゆるケースに対応している
わけではないので、例えば?

医療費控除がある場合
住宅ローン控除がある場合
給与収入以外に副業や不動産を持っているなどで
別の収入源がある場合

には、さとふるでは不十分というか、
正確には分かりかねますというか。。

例えばコチラのサイトでも
計算ができるんですが、これは
副業収入がある場合には助かりますね~。

ふるさと納税の控除限度額計算ソフト
http://ma-bank.net/tool/furusato/

ちなみに、コチラのサイトでは?
注意点も教えてくれています。

【注意】
「不動産」
「事業・雑」
「配当(分離)」
「株/FX(分離)」
は、年間収入ではなく、必要経費を除いた
「所得金額」を入力してください。

なお、不動産所得と事業所得については
青色申告特別控除後の金額となります。

と。

で、疑問。
私のように副業収入(=事業所得)があるものの、
その所得がマイナス(=赤字。。)の場合は
どうなるのでしょう?

給与所得ー事業所得の赤字分を引いたのが
限度額の対象になるのか?

それとも、純粋に事業所得はゼロと考えて
給与所得の総支給額(いわゆる年収)
をもとにはじきだすのか?

うーん。
これは、専門家に聞いてみなければですね。

ちなみに。
私が記帳代行や確定申告の代行で
お世話になっている税理士さん。

限度額を聞いたら、間違ったことを
お伝えしてきまして。

経理職で働いている嫁に
「本当にそれで(その計算で)合ってるの?」
と言われ。

再計算

違ってるやんけ!
(=限度額超過してますよあなた!)

おっふ(涙)

となった経緯があります。
(2016年に限度額を超えて寄付してしまっていた。)

もっといえば?
先走って2017年も限度額を超えて
寄付をしてしまっています。

こんな失敗をしないよう?
しっかり、計算しておきましょう!

ブログランキングやってます|・ω・) ソー
応援クリックいただけると?
↓もっと書きますw↓


ふるさと納税ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ